JMoFについて

Japan Meeting of Furries(JMoF)は、擬人化した動物すなわちケモノを扱うイベントです。

2013年に滋賀県彦根で第1回を開催し、第2回から会場を愛知県豊橋に移して、2018年には998人の参加者が豊橋に集まりました。

JMoFは、西洋のケモノのコンベンションをモデルとし、日本、さらには東アジアのケモノ文化の発展を目的としています。

ケモノにまつわる絵、マンガ、写真、音楽、小説、演劇、パフォーマンスなど、様々な才能を持った人々が、各々の方法で参加できます。

これだけの多様なニーズに応えるには、広い空間で複数日開催することが必要であり、ホテル併設のホールを会場としています。

参加者の持ち寄った才能が集まって混ざり合い、新しいことが生まれていくクリエイティブな空間の提供がJMoFの理想です。

JMoFはケモノに興味がある方なら誰でも参加いただけます。

ぜひ皆さんの才能を持ち寄って、楽しい新しいものを創っていきましょう。

多くの方のご来場を心よりお待ちしております。

JMoF実行委員会代表 クリスケ